地区ロータリー財団セミナーの資料

目的
1)財団プログラムへの支援や参加に対するロータリアンの意欲を高める。
2)ロータリー・クラブとロータリアンに対し、財団プログラムに参加することの恩恵を強調する。
3)基本的な財団プログラムと方針を概説する。
4)ロータリー財団プログラムや方針の変更事項をロータリアンに知らせ、来たる年度の目標を説明する。
5)財団へ多大な寄付をした地区内の個人やクラブを表彰する。
6)財団プログラムと活動に関する質問に答える。
セミナーの目標には以下があります。
. 人道的補助金プログラムと教育的プログラムへの財政的支援を増やす。
. クラブ財団委員会の設置を奨励する。
. ロータリー財団を支援するようクラブ会員の意欲を高めるための資料や研修を、クラブ指導者に提供する。

推奨議題
1)財団の概要
2)財団目標の設定:実行項目と予定表
3)財団プログラム:参加するロータリー・クラブ、ロータリアンへの恩恵
4) 寄付増進の基本要素
5)財団のための募金活動
6)財団の責務
7)財団月間の諸活動
8)財団報告書を読む
9)ロータリー・クラブにとって意義ある財団プログラム
10)財団目標の達成:プログラムへの参加と寄付増進
11)ロータリー財団の未来
12)恒久基金
13)人道的補助金プログラム
14)ポリオ・プラス
15)教育的プログラム
16)ロータリー財団資金の管理
17)ロータリー財団へのプログラム活動の報告
18) セミナーの追加議題
・財団の推進
・プログラムの評価:何が効果的で、何が効果的でないか
・ 財団学友
. シェアを理解する

開催時期及び日程
ロータリー年度のできるだけ早い時期(望ましくは11月15日まで、できれば9月30日まで)

出席者
出席は地区内の全会員に奨励されていますが、クラブ会長、次期クラブ会長、クラブ財団委員長、クラブ財団委員会委員、地区ガバナー、地区ガバナー・エレクト、ガバナー補佐、国際奉仕委員長、財団について学びたい新会員などが主な出席者

参考資料
「地区ロータリー財団セミナーの手引き」(438-JA)
「クラブ・ロータリー財団委員会の手引き」(155- JA)